頭陀寺(ずだじ)

最終更新日:2019年03月21日

頭陀寺は浜松市で最も古いお寺です。
井伊直虎、井伊直政、徳川家康、豊臣秀吉など、そうそうたる人物にゆかりのあるお寺です。

【詳細情報】
※情報は2019年3月現在の情報です。
名称 頭陀寺(ずだじ)
所在地 〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町214
TEL 053-463-8170
HP https://zudaji.or.jp
駐車場 無料駐車場あり
その他 ・御朱印あり
・お土産売店あり
・歴史資料館は有料(1人100円)
【地図】

ライブラリ

頭陀寺(山門)
頭陀寺の山門
山門前の道はとてもひろびろとしています。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」に関連した旗もなびいています。

頭陀寺(手水)
山門をくぐってすぐ左手に手水があります。

頭陀寺(本堂と三尊仏)
本堂と三尊仏
お参り後、本堂の裏手に行ってみました。

頭陀寺(本堂裏手)
本堂の裏手は公園のようになっています。

頭陀寺(三公像)
頭陀寺にゆかりのある「豊臣秀吉」「徳川家康」「井伊直政」の幼少期の像があります。
表情から人物の雰囲気がよく伝わってきます。

頭陀寺(客殿・歴史資料館)
手水の裏手の方に歴史資料館(1人100円)があります。
寺侍の松下氏や井伊家などに関する資料をたくさん見られますので
頭陀寺にお越しの際はぜひ見学して行ってください。
御朱印もこちらで受け付けています。
お土産売店もこちらです。

頭陀寺(山門の前の道)
頭陀寺から3分ぐらい歩いたところに、
頭陀寺城跡(松下屋敷跡)があるのでそちらも行ってみました。
この道をまっすぐ行って1つめの交差点の所にあります。

頭陀寺城跡(松下屋敷跡)入口
頭陀寺城跡(松下屋敷跡)入口に到着。
現在は公園になっています。

松下屋敷跡の碑
松下屋敷跡の碑
屋敷跡なので現在は痕跡すらありませんが、碑が建っています。

スポンサーリンク

コメントをする

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.


*