石雲院(せきうんいん)

最終更新日:2018年01月17日
石雲院

石雲院は康正元年(1455年)に創建され、全国に約800の末寺を持つお寺で、
榛原地域を支配した勝間田氏の菩提寺です。
富士山静岡空港の開港により有名になりました。
裏手にある展望台より静岡空港を眺めることができます。

【詳細情報】
※情報は2010年3月現在の情報です。
名称 石雲院(せきうんいん)
所在地 〒421-0411 静岡県牧之原市坂口1251
TEL 0548-29-0226
駐車場 無料駐車場あり
その他 近くに静岡空港を見渡すことのできる展望台があり、そこもおすすめです。
【地図】

ライブラリ

石雲院の境内を散策して、建物をじっくりと眺めるととても立派な造りに驚きます。
石雲院(山門)
山門

石雲院(山門彫刻)
山門のみごとな彫刻

石雲院(本堂)
本堂

石雲院展望台から望む静岡空港(開港前)
建設中の富士山静岡空港(2008年12月現在)

石雲院(展望台入口) 石雲院(展望台への道)
石雲院の脇にこのような空港展望台へ続く道があります。ちょっとした坂道になっています。

石雲院展望台から望む静岡空港(開港後)
開港後の富士山静岡空港(2010年7月現在)

スポンサーリンク

コメントをする

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.


*