山中城(やまなかじょう)

最終更新日:2018年01月02日

山中城は三島市にある城跡です。
1560年代に北条氏によって築城されましたが、天正18年(1590年)に豊臣秀吉によって落城させられたはかないお城です。(山中城の戦い)
しかし、障子堀や畝掘などとても美しい造りで日本百名城の一つに選ばれています。

【詳細情報】
※情報は2017年12月現在の情報です。
名称 山中城(やまなかじょう)
所在地 静岡県三島市山中新田
駐車場 無料駐車場あり(普通車20台ぐらい)
公式HP http://www.city.mishima.shizuoka.jp/kanko_content021054.html
(三島市観光情報)
その他 公園なのでいつでも自由に立ち寄れます
【地図】

ライブラリ

山中城入口
山中城跡入口。駐車場のわきにあります。

通路(山中城)
山中城跡は山中城跡公園としてきれいに整備されています。

階段(山中城)
山城なので結構登ります。

土塀(山中城)
土塀

最高地点(山中城)
物見台から見る西櫓。物見台は山中城跡の一番高い場所です。

山中城から見る富士山
富士山もよく見えます。

西の丸から本丸へ向かう道(山中城)
西の丸から本丸へ向かう道。
木の根っこが美しいです。

本丸(山中城)
本丸。西の丸や北の丸、二の丸に比べるとこじんまりとしていて中心部っぽくありません。

駒形諏訪神社の大カシ(山中城)
駒形諏訪神社の大カシ。
1590年の山中城の戦いの時には既に存在していたそうです。

駐車場(山中城)
駐車場へ戻ってきました。
20台ぐらい駐車できるスペースがあり、道の向かいには休憩所もあります。

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*