浜岡砂丘河津桜(はまおかさきゅうかわづざくら)

最終更新日:2018年04月08日

浜岡砂丘河津桜は浜岡砂丘入口にある白砂公園の北側にあり、
毎年2月下旬~3月上旬頃に見事な桜が見られます。
この時期には桜祭りも開催され、多くの人で賑わいます。

【詳細情報】
※情報は2018年3月現在の情報です。
名称 浜岡砂丘河津桜(はまおかさきゅうかわづざくら)
所在地 〒437-1612 御前崎市池新田9186-216
TEL 0537-85-1135 (御前崎市商工観光課)
桜祭り開催期間 毎年2月下旬~3月上旬 ※2018年は、2018年2月17日(土)~3月11日(日)
料金 無料
駐車場 無料駐車場あり(普通車30台)
※桜祭りの期間は臨時駐車場がオープンします(普通車100台以上)
その他 ・公衆トイレあり
・1時間程度あれば見られます。
【地図】

ライブラリ

2018年の桜祭りの様子です。ちょっと曇り空でした。

桜祭り期間中だったので結構混んでおり、駐車場に停めるまで20分ぐらいかかりました。
しかし、交通誘導員がたくさんいたのでスムーズに駐車できました。
入口から(浜岡砂丘河津桜)
桜並木の入口から望むさくら
約600mに渡りみごとな桜が続いています。先端が見えません。

さくら近影(浜岡砂丘河津桜)
近くから

さくら(浜岡砂丘河津桜)
さくらは意外と低く、ほぼ目線と同じ高さで見られます。

御前崎の海
桜並木の先端まで行ったら同じ道を引き返してもいいのですが、
海が見たくなったので海岸沿いを歩いてみました。
この日はちょっと曇り空でした。

波小僧(浜岡砂丘)
浜岡砂丘入口にある「波小僧」の像
遠州七不思議の伝説に登場する小僧です。

野良猫(浜岡砂丘河津桜)
駐車場脇にいたねこ
えさがあったので地域猫として飼われているようですね(´▽`*)

なるべく他の人が写らないように撮影したので、あまり人がいないように感じますが、
実際はかなりの人で賑わっています。
屋台などのお店も何軒か出ていて、焼きそば店やお好み焼き店、地元の野菜にいちごなど売っていて
お祭りの雰囲気があってよかったですね。(^^♪

河津桜は一般的なさくらよりも開花時期が1か月程早いため、
さくらの開花が待ち遠しい人にはぜひおすすめです。

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*