大井川川越遺跡(おおいがわかわごしいせき)

最終更新日:2018年01月17日
大井川川越遺跡

大井川川越遺跡は旧東海道の島田宿で、現在では国の史跡に指定されています。
「箱根八里は馬でも越すが越すに越されぬ大井川」と
唄われるように昔は東海道最大の難所でありました。
当時は大井川に橋を架けることが禁止されていて、
川が増水するとこの場所に何日も足止めを余儀なくされました。

【詳細情報】
※情報は2010年3月現在の情報です。
名称 大井川川越遺跡(おおいがわかわごしいせき)
所在地 〒427-0037 静岡県島田市河原
駐車場 あり(島田市博物館の駐車場を利用)
その他

大井川川越遺跡内には、博物館もあります。
島田市博物館 島田市博物館分館

【詳細情報】
※情報は2010年3月現在の情報です。
名称 島田市博物館(しまだしはくぶつかん)
島田市博物館分館(しまだしはくぶつかんぶんかん)
所在地 〒427-0037 静岡県島田市河原1-5-50
TEL 0547-37-1000
休業日 月曜日 祝日の翌日 年末年始(12/25~1/4) 臨時休館日
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
料金 大人(高校生以上):300円 中学生以下:無料
駐車場 無料駐車場完備
その他 入館料には分館の入館料も含まれます。
【地図】

ライブラリ

大井川川越遺跡(川合所)
川越遺跡の街並みに立ち入ると、まずこの川合所があります。
当時は旅人がここで川札を買って川を渡ったそうです。
ちょうど桜の季節に行ったので桜が満開でとてもきれいでした。

大井川川越遺跡(街並み)
川越遺跡の街並みです。
昔ながらの建物が街道の両脇に立ち並んでいて、内部も見学することができます。

大井川川越遺跡(お茶屋さん)
川合所の隣にはこんなお茶屋さんもありますので、一休みできます。

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*