徳川家康公床机据え跡(とくがわいえやすこう しょうぎすえあと)

最終更新日:2020年03月11日

徳川家康がこの地に鷹狩に来た時に床机を据えて休憩した場所です。
建物は宗高権現です。

【詳細情報】
※情報は2020年03月現在の情報です。
名称 徳川家康公床机据え跡(とくがわいえやすこう しょうぎすえあと)
所在地 〒421-0205 静岡県焼津市宗高146
駐車場 なし
その他 焼津市指定文化財(昭和49年10月30日)
【地図】

ライブラリ

徳川家康公床机据え跡(道路から)
道路から 回りは田んぼに囲われています

徳川家康公床机据え跡の看板
看板 かなり植木に浸食されています・・

徳川家康公床机据え跡(正面)
宗高権現正面

徳川家康公床机据え跡(斜めから)
斜めから
とてもきれいに手入れされています

徳川家康公床机据え跡(斜めから2)
隣にも小さい社があります

徳川家康公床机据え跡(全景)
田んぼの中にぽつんと建っています

スポンサーリンク

コメントをする

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.


*